治療症例

治療対象となる歯並びの種類と症例についてご紹介いたします。それぞれの歯並びをクリックすると症例をご覧いただけます。

矯正治療の流れ

STEP1:相談検査(無料初診相談)

● お電話またはフォームから問い合わせをする
● 相談日の予約、確定
● 当日、問診票の記入
● 写真・レントゲン撮影、口腔内診査 ※ご希望にならない場合はお申し付けください。
● カウンセリング
● 診断のお約束(約2週間後以降)※後日、お電話にて予約・キャンセル・変更が可能です。

STEP2:診断

● 初診検査の結果を分析・診断
● 治療プラン、治療費のご提示(約60分)
● ご契約 ※十分にご検討いただき、納得していただけたら次回の治療開始時にご契約書をお持ちください。

STEP3:動的矯正治療

● 歯のクリーニング及び歯ブラシの練習(約45分)
● 精密な歯形取り
● 矯正装置の装着(約60分)
● 治療スタート 月に1回の来院(毎回約30分~60分)
● 動的矯正治療終了、ブラケットの除去、保定装置(リテーナー)の装着
● ホワイトニング

STEP4:定期検診

● 保定装置(リテーナー)の調整、クリーニング
● 保定期間3~6ヶ月に1回来院
(保定器具の調整、クリーニング、ご希望によりホワイトニング)

治療完了

矯正の開始時期

小学生(低学年)の矯正【準備矯正治療】

始める時期の目安:乳歯の一番後ろから6歳臼歯が生え、前歯が数本生え替わった頃
子供の歯(乳歯)と大人の歯(永久歯)が混在している混合歯列期と呼ばれる時期です。この時期の治療は、今後生えてくる永久歯がなるべく良い状態 で生える様にするための矯正治療が行われます。
例えば、顎が小さく永久歯が入りきらない様なら、顎を大きくする治療や奥歯を後ろに動かして全体が収まりやすい環境にする治療です。また、噛み合わせが深い場合や反対咬合(受け口)の場合はその改善のための治療を行います。
通常1年半~2年くらい治療を行い、その後は永久歯が生え揃うまで半年~1年 毎に経過観察を行っていきます。
最近のお子さんの歯並びや顎の状態は、準備矯正だけですむケースは非常に稀ですが、準備矯正を行うことにより、永久歯の治療がより良いものとなります。

小学生(高学年)の矯正【本格矯正治療】

始める時期の目安:奥の乳歯が抜け始めた頃
人により時期は異なりますが、乳歯が抜けて永久歯に生え揃う時期です。生え揃った永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。乳歯が残っていたり、永久歯がなかなか出てこない場合は、レントゲン写真で永久歯の状態を確認します。
通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナ ー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

中高生の矯正【本格矯正治療】

始める時期の目安:永久歯が生え揃った頃
全ての歯がほぼ大人の歯(永久歯)に生え替わった時期です。生え替わった永久歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。
学校や部活動、習い事など忙しい時期ですが、この時期は歯が動きやすく、綺麗な歯並びを早く獲得することにより、ブラッシングがしやすくなり、将 来的にむし歯になりにくいなど多くのメリットがあります。
通常2年程治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー (保定装置)を2年間使用して頂きます。

成人の矯正【本格矯正治療】

始める時期の目安:気になり出したらなるべく早く
歯をきれいに整え、しっかり噛め、きちんと発音出来る様にする矯正治療です。虫歯の治療で詰めたり被せたりした歯がある場合などは、トータル的に考えて矯正治療を行います。
お仕事や生活環境に合わせた治療法、装置を選択していきます。通常2年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

部分的矯正治療

始める時期の目安:気になり出したらなるべく早く
歯並びが悪いところが部分的にある場合の矯正治療です。(全体に歯並びが悪い場合は本格矯正治療になります。)
通常1年くらい治療を行い、その後きれいな状態をキープするためにリテーナー(保定装置)を2年間使用して頂きます。

矯正装置について

当院では様々な装置の中から患者さまお一人お一人の症状にあわせた装置を選択致します。

成人の患者さま

永久歯列期の治療(本格矯正治療)

  • 透明な矯正装置(マウスピースタイプ)
    目立たないだけではなく、取り外しができるため、食事やブラッシングがしやすいというメリットがあります。
    表からは全く見えないため人に気づかれる事はありません。
  • 白い矯正装置(表側に付けるタイプ)
    全ての歯並びに対応でき、費用が抑えられるメリットがあります。
    白い装置を使用するため、あまり目立ちません。
  • 見えない矯正装置(裏側に付けるタイプ)
    表側から見えないため、人に気づかれずに治療ができるメリットがあります。
    当院では、マウスピース矯正治療において補助的に使用します。

小児の患者さま

固定式タイプ ※患者さん自身では取り外しできません

  • クワドヘリックス(側方拡大装置)
    歯列の幅を広げるための装置。
  • リンガルアーチ
    噛み合わせを改善するための装置。
  • ナンスのホールディングアーチ
    奥歯が前に動くのを抑える装置。

取り外しタイプ

  • 拡大プレート
    歯列の幅を広げるための装置。
  • バイトプレート
    噛み合わせを浅くするための装置。
  • バイオネーター
    上と下の歯の噛み合わせを改善するための装置。

矯正治療が終了した患者さま

保定装置(リテーナー)

  • フィックスリテーナー(固定式タイプ)
    前歯の裏側に装着し前歯の位置を厳密に維持する為の装置。
  • クリアーリテーナー(取り外しタイプ)
    きれいになった歯並びを安定させ、維持するための装置。
  • ベッグリテーナー(取り外しタイプ)
    きれいになった歯並びを安定させ、維持するための装置。

矯正費用

審美的にできるだけ見えない装置にこだわりつつ、かつ医療的に健康な噛み合わせをつくる治療を心がけています。 そのための装置や方法別に治療費を設定しています。

治療前の費用

初診相談料 無料
検査診断料(初回のみ) ¥ 35,000

※CT検査が必要な際には、提携医院にて撮影していただきます。(別途費用がかかります)

成人の患者さま

マウスピース矯正治療(インビザライン)+ 表側矯正治療 ¥ 1,250,000
マウスピース矯正治療(インビザライン) ¥ 1,050,000
表側矯正治療 ¥ 800,000

小児の患者さま

準備矯正治療 ¥ 400,000
準備矯正後の本格矯正治療 ¥ 400,000~650,000

すべての患者さま

処置料 ¥ 5,000

※上記料金以外に、消費税が別途かかります。

お支払い方法について

カード払い可
分割払いでも無金利 (2回もしくは4回の場合)

以下の項目は治療費総額に含まれません
※ 抜歯、虫歯の治療、補綴処置(矯正治療後の歯科修復物の作り直し等)などの歯列矯正以外の歯科処置。
※ 矯正用インプラント処置(インプラント処置が必要な方に限ります)。

よくあるご質問

患者様からよくいただくご質問をまとめました。疑問解決にお役立てください。

マウスピース矯正について

小児矯正について

予約・診療時間について

矯正治療期間・通院について

矯正治療の開始時期について

矯正治療の効果について

矯正治療の影響について

矯正治療費について