マウスピース型矯正装置(インビザライン )の便利アプリ

今回はマウスピース型矯正装置(インビザライン)で矯正治療中の患者様にとって便利なアプリを紹介します

Tray Minder マウスピースのトラッカー


このアプリは歯科矯正医によって作成されたもので、App Storeなどで無料でダウンロードすることが出来ます。

 

【使い方】

まずは、基本情報を入力します。

 

     

    

 

・どのようなマウスピースを着用しますか?

・マウスピースの合計枚数は?

・各マウスピースは何日間着用しますか?

・現在のマウスピースは何番?

・現在の番号のマウスピースをすでに着用した日数は?

・マウスピース交換のリマインダー設定時刻は?(リマインダーなしも可能です)

 

これらの情報を入力するだけで使用することが出来ます!

 

 

【このアプリで出来ること】

 

マウスピースの装着時間を確認できる


 

真ん中の▶️ボタンを押すと、タイマーでマウスピース(インビザライン )の装着時間を自動で計測してくれます。

 

当院ではインビザラインの患者様に1日20時間以上使用してもらうよう説明しています。

このタイマーを利用すれば患者様ご自身で1日何時間装着できていたかを確認できます。

 

逆に、外している時間もタイマーで管理できます。食事中や仕事中に時間が経つのを忘れてしまっても、予め「1時間」と設定しておくと1時間後にお知らせしてくれるリマインダー機能があるのでつけ忘れを防止してくれます。

 

② 次のマウスピース(インビザライン )に交換する日を教えてくれる


 

マウスピースの交換のタイミングが分からなくなってしまうことがあると思います。

そんな場合は、「設定」から「マウスピースの交換」のところを選択すると、交換の通知が届く設定することが出来ます。また、通知する時間も設定することができます。

 

③カレンダーで交換のタイミングを確認


 

カレンダーページを開くとマウスピースを交換する日に印がついていますので、交換日が一目瞭然でチェックできます。

これで1カ月で何枚進むのかも確認することが出来ます。

 

また、右上の「+」を押すと、着用時間・マウスピース交換・矯正歯科の予約・メモが入力できる便利な機能もあります。マウスピースの交換日と合わせて、歯科医院の予約日なども一緒に管理できます。

 

④ マウスピースの使用日数を調整できる


 

例えば、旅行から帰ってきた時や外食続きで『マウスピースの使用時間が減ってしまったから交換する日数を増やして使いたいな』という場合は、こちらで簡単に日数を調整することができます。

カレンダーにも自動的に反映されますので、続きのマウスピースの交換日も一目でわかります。

 

⑤ 歯のセルフィー(自撮り)を撮って進行状態を確認できる


 

スマートフォンのセルフィーで簡単に自分の歯並びを記録することができます。

写真を撮ると日付・時間・◯番のマウスピースと自動的に表示されるので過去の歯並びと比較しやすく、治療の進み具合も把握できます。

自撮りした写真なので、そのときに撮った距離や取った角度によっても見え方が違ってきますが、自分の歯並びがだんだんと変化していく様子が見られるとモチベーション維持にも繋がります。

セルフィーでは歯並びを合わせるのガイド(枠)がついていますので比較的同じ角度で撮りやすくはなっています。

 

⑥ 追加のマウスピースにも対応出来る


インビザラインは何回か「追加アライナー」と言って、追加でマウスピースを作り直すことが何度かあります。そのような場合でも、引き続き新しいステージのマウスピース数を設定することできます。

 

 

 

Tray Minderはインビザラインで矯正中の方にとってはとても便利なアプリでおすすめです。

ぜひダウンロードして活用してみて下さい。