どうやって歯が動くの⁇ 2022.12.1

みなさんこんにちは。

クリスマスのイルミネーションが

華やかに街を彩る季節となりましたね☆彡

 

さて今回は、

インビザラインを使うと

歯はどう動くのかをお話をしようと思います。


インビザラインはマウスピースで

歯をピッタリと覆い

歯をグリップ(ギュッと握る)して

その弾力で歯を動かします。

このマウスピースは、

患者さん一人ひとりに合わせて

オーダーメイドで作られ、

一枚一枚徐々に理想の位置に動くように

設計されています。

 

マウスピースは上から覆って力をかけていくので、

「歯を回転させたり」「引っ張り上げる」

のは苦手です。

 

歯を回転させたり引っ張る場合は、

歯に白いレジンの突起(アタッチメント)をつけて

グリップを利かせて回転させたり、

 

 

ボタンを付けてゴムで引っ張ったりして

歯を動かしていきます。

 

マウスピース矯正の

メリットは…

⭐︎透明の装置で目立たない

普通に喋っている分には全く気付かれません。

″マウスピース矯正してるんだ♪″

と自分から伝えても

″えっ?どれ?″とすぐに気づいてもらえないくらいです。

 

⭐︎金属アレルギーがない

歯の詰め物で金属アレルギーが出てしまう方には、

金属を使わないマウスピース矯正がオススメです♪

 

⭐︎取り外しができて歯磨きがしやすい

マウスピースは着脱が出来るので、

普段通りの歯磨きが出来ます!

 

⚠︎汚れを残したまま

マウスピースを付けてしまうと、

歯を密閉することになるので

虫歯になりやすくなります。

マウスピースを付ける前に

歯をキレイに磨くことが重要です。

 

⭐︎通院回数が少ない

ワイヤー矯正は月に一度の来院ですが、

マウスピース矯正は

2ヶ月〜数ヶ月の来院です♪

 

⭐︎比較的痛みが少ない

私はワイヤー矯正とマウスピース矯正を

両方経験しましたが、

マウスピースの方が痛みは少なかったです♪

 

一方、マウスピース矯正のデメリットもあります。

装着しないといつまでも終わりません。

食べたらすぐ歯を磨いて、

20時間マウスピースを装着し、

毎週新しいマウスピースに交換する。

これらをしないと歯は動きません。


もし、マウスピースの装着や交換が

難しいかも…悩む…

など、お悩みでしたら

マウスピース矯正のメリットは目立たないだけではなく、

その他にも多くのメリットがありますので

気になることが少しでもございましたら、

いつでもお気軽にご相談ください。

無料相談とは