叢生症例 <八重歯と小臼歯捻転を伴う叢生に対する片顎抜歯矯正治療>

【主訴】八重歯と前歯のガタガタを治したい。

【主な症状】上顎右側犬歯低位唇側転位(八重歯)/上下顎前歯叢生(ガタガタ)/大臼歯関係Ⅱ級(上顎の奥歯が下顎の奥歯よりも前方に位置している)/下顎左側第二小臼歯捻転(左下の小臼歯が90°回転している状態)/上顎鞍状歯列弓(上の歯列が台形の歯列になっている状態)/口唇閉鎖不全(唇が閉じにくい)

【抜歯部位】上顎両側第一小臼歯2本


【治療計画】大臼歯関係がⅡ級であり、上下顎に叢生が認められる。上下顎前歯の叢生量(ガタガタの度合い)と前歯の歯軸と口元を考慮し、上顎両側第1小臼歯2本抜歯による抜歯矯正治療を選択。上顎右側の犬歯低位唇側転位(八重歯)と上顎の叢生(ガタガタ)は、抜歯スペースを利用して解消する。下顎左側第二小臼歯捻転(左下の小臼歯が90°回転している状態)はエラスティックチェーンを併用して改善する。

 

治療方法 マルチブラケット装置 治療期間 19ヶ月
性別 女性 年齢 20代 治療費用 ¥835,000+TAX