過盖咬合症例 <上顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】出っ歯と深い噛み合わせを治したい。

【主な症状】過盖咬合(ディープバイト)/上顎前歯の前突(上の歯が前に出ている)/咬合平面の傾斜(歯並びが曲がっている)/ガミースマイル傾向(歯茎が良く見える状態)

【抜歯部位】上顎両側第一小臼歯2本


【治療計画】口元のバランスと上顎前歯の傾斜、左右大臼歯関係を考慮し、上顎両側第一小臼歯2本抜歯による矯正治療を選択。

 

治療方法 マルチブラケット装置 治療期間 24ヶ月
性別 女性 年齢 10代 治療費用 ¥835,000+TAX