7月25日は「知覚過敏の日」 2023.7.4

皆さま、こんにちは。

 

 

先日、娘の幼稚園のお迎えに行った時に

大きくて立派な笹が教室に飾られていました。

可愛らしい七夕飾りがたくさん吊るしてあり

教室の中がとても華やかで

自然と笑顔になり見入ってしまいました

 

 

梅雨明けはもう少し先ですが、

夏が近づいていることを感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

最近、患者さまと

「夏休みの予定」についての話題が

急に増えたように感じています。

 

旅行」「帰省」「花火大会」等

今年はどのような夏を過ごされますか?

 

 

 

 

 

 

私は娘を連れて川遊びに行ければと

夏の楽しみを計画中です☆

 

 

皆さまの「夏の楽しみ」も

教えて頂けると嬉しいです☆

皆さまとお話しが出来ることを楽しみに

ご来院をお待ちしております^^

 

 

 

 

 

 

さて、

7月25日は「知覚過敏の日」です。

 

暑い夏は冷たいものを食べる機会も増えてきます。

冷たいものを食べた時に

歯に痛みを感じた経験のある方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

「な(7)つ(2)ご(5)おり」と読む語呂合わせから

「かき氷の日」になっており

「冷たいものに歯の痛みを感じたら知覚過敏対策を」

との想いで定められたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

「知覚過敏」「虫歯」

どちらも痛みを感じることがありますが

それぞれの痛みには特徴があります。

 

<知覚過敏>

・刺激を受けた瞬間にのみ痛む

・歯を叩いても痛くない

 

<虫歯>

・持続的な痛み

・歯を叩くとジーンと響くような痛み

・痛みが増してくる

 

 

 

 

 

 

歯の表面は「エナメル質」で覆われています。

「エナメル質」には神経が通っていないため

痛みを感じる事はありません。

 

「エナメル質」の中にある「象牙質」は

冷たさ等の刺激が神経に伝わるため

痛みとして感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

原因には

・加齢や歯周病などにより歯茎が下がる

・ブラッシングが強すぎる

・歯の食いしばりや歯ぎしりなどでエナメル質が欠ける

などが考えられます。

 

 

 

 

 

歯に痛みを感じたら我慢せずに

一度、歯科医院を受診してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さはこれからが本番です。

エアコンの効き過ぎで体調を崩す方もいらっしゃるそうです。

衣類や空調で上手く体温調節をして

蒸し暑い梅雨を乗り切りましょう☆