反対咬合(受け口)

下顎前突症例 <過剰歯と叢生を伴う反対咬合に対する非抜歯矯正治療>

【主訴】上下の歯がガタガタで見た目と咬み合わせが気になる。

【問題点】反対咬合(受け口)/左上前歯部に過剰歯埋伏(左上前歯の骨の中に余計な歯が埋まっている状態)/上下顎前歯部叢生(ガタガタ)/上顎右側歯列狭窄(上の歯のアーチが狭くなっている状態)/正中のズレ(真ん中が合っていない)

【治療計画】レントゲン検査にて上顎左側前歯部に過剰埋伏歯が確認できたため、大学病院口腔外科にて抜歯を行う。その後、反対咬合と上下顎の叢生量、前歯の歯軸を考慮し、非抜歯にて矯正治療を行う。上顎右側の歯列が狭窄しているため、拡大を行いながらレベリング(歯の排列)を行う。被蓋改善のためⅢ級顎間ゴム(エラスティック)を併用する。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 25ヶ月
性別 男性 年齢 30代

下顎前突症例 <埋伏歯を伴う反対咬合に対する非抜歯矯正治療>

【主訴】左上の前歯が出てこない。受け口を治したい。

【問題点】反対咬合(受け口)/左上側切歯埋伏(左上の前歯が骨の中に埋まって出てこれない状態)/上顎左側犬歯低位唇側転位(八重歯)/上顎側方歯部叢生(ガタガタ)/正中のズレ(真ん中が合っていない)

【治療計画】上顎左側側切歯が埋伏しているため、開窓牽引を行う。牽引はNanceのホールディングアーチにアームを設計し、そこから側切歯を引っ張る。上顎左側側切歯牽引後、反対咬合と上顎の叢生量、前歯の歯軸を考慮し、非抜歯にて矯正治療を行う。被蓋改善のためⅢ級顎間ゴム(エラスティック)を併用する。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 21か月
性別 女性 年齢 10代

下顎前突症例 <顎間ゴムを併用した上下顎非対称抜歯矯正治療>

【主訴】前歯のかみ合わせと八重歯が気になる。

【問題点】軽度骨格性下顎前突(下顎が前に出ている状態)/切端咬合(受け口)/上顎右側犬歯低位唇側転位(八重歯)/下顎前歯部叢生(ガタガタ)/下唇の前突(下唇が前に出ている)

【治療計画】左右の大臼歯関係が異なり、前歯の切端咬合と上下顎叢生量、前歯の歯軸を考慮し、上顎は右側第1小臼歯と左側第2小臼歯、下顎は両側第1小臼歯の4本抜歯による抜歯矯正治療を選択。下顎前歯の後方移動量が多いためⅢ級顎間ゴム(エラスティック)を併用する。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 20ヶ月
性別 女性 年齢 10代

下顎前突症例 <顎間ゴムを併用したマウスピース装置による非抜歯矯正治療>

【主訴】前歯の受け口が気になる。

【問題点】軽度骨格性下顎前突(下顎が前に出ている状態)/前歯反対咬合(受け口)/咬合平面の傾斜(歯並びが曲がっている状態)

【治療計画】骨格のズレと上下顎前歯の反対咬合を考慮し、非抜歯による顎間ゴム(エラスティック)を併用したマウスピース矯正治療(インビザライン)を選択。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 20ヶ月
性別 女性 年齢 20代

下顎前突症例  <矯正用インプラントを併用した非抜歯矯正治療>

【主訴】受け口が気になる

【問題点】反対咬合(受け口)/咬合平面の傾斜(歯並びが曲がっている状態)

【治療計画】骨格のズレと上下顎前歯の傾斜を考慮し、矯正用インプラントを併用した非抜歯による矯正治療を選択。

治療方法 インプラント矯正治療 治療期間 27ヶ月
性別 女性 年齢 30代