上下顎前突

上下顎前突症例 <叢生と口元の前突を伴う上下顎前突に対する抜歯矯正治療>

【主訴】上下前歯のガタガタと口もとが出ているのが気になる。

【問題点】上下顎前歯唇側傾斜(上下の前歯が前方に傾斜している状態)/上下顎前歯叢生(上下の前歯がガタガタになっている)/上下顎狭窄歯列弓(上下の歯のアーチが狭くなっている状態)/上下顎左側第2大臼歯シザースバイト(左側の奥歯がすれ違って噛んでいない状態)/上下顎 Tooth material 過大(上下の歯が大きい)/口唇閉鎖不全(口が閉じにくい)/正中線のズレ

【治療計画】上下の前歯の叢生および口元の前突が主訴であり、上下顎歯列弓が狭窄している。上下顎前歯の唇側傾斜と歯の幅径も大きいため、上下顎小臼歯を4本抜歯し、上下顎前歯の叢生の改善と後方移動により口元の前突の改善を計画した。また、歯列の拡大とIPR(ディスキング)を併用することでより多くのスペースを獲得し、可及的に前歯を後方移動させる。抜歯部位は補綴部位を考慮し、上下顎両側第2小臼歯を選択。そのため、抜歯したスペースに大臼歯が前方へ移動しやすくなるため、上下顎に4本の矯正用インプラントアンカーを植立し、抜歯スペースを上下顎前歯の後方移動に最大限利用し、通常より多く下げることで前歯の傾斜を正常にして口元の前突感を解消する。上下顎正中のズレも同時に改善する。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 30ヶ月
性別 男性 年齢 30代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら

上下顎前突症例 <叢生を伴う狭窄歯列に対する非抜歯矯正治療>

【主訴】上下の前歯がデコボコなのが気になる。

【問題点】骨格性下顎後退(下アゴが下がっている状態)/下顎前歯唇側傾斜(下の前歯が前に傾斜している状態)/上下顎前歯叢生(上下の前歯がガタガタになっている)/上下顎狭窄歯列弓(上下の歯のアーチが狭くなっている状態)/口唇閉鎖不全(口が閉じにくい)/正中線のズレ

【治療計画】上下の前歯の叢生が主訴であり、上下顎歯列弓が狭窄している。そのため、歯列の拡大とIPR(ディスキング)を併用しすることで非抜歯による矯正治療が可能と判断した。拡大とIPR(ディスキング)にて獲得したスペースを利用し、上下顎前歯の後方移動を行うことで前歯の傾斜を正常にして口元の前突感も解消する。上下顎正中のズレと上下顎前歯の傾斜も同時に改善する。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 12ヶ月
性別 女性 年齢 10代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら

上下顎前突症例 <口元を後退させた上下顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】口元が出ているのが気になる。

【問題点】上顎前歯唇側傾斜(前に出ている状態)/上顎側切歯舌側転位(2番目の前歯が内側に入っている)/口唇閉鎖不全(口が閉じにくい)/正中線のズレ

【治療計画】口元の前突感が1番の主訴であったため、口元のバランスを考慮し上下顎両側第一小臼歯4本抜歯による矯正治療を選択。抜歯したスペースを利用し、上下顎前歯の後方移動を通常より多く行うことで前歯の傾斜を正常にして口元の前突感を解消する。そのためにも大臼歯には加強固定を行い、前方への移動を抑えながら抜歯スペースを閉鎖する。上下顎正中のズレと上下顎前歯の傾斜も同時に改善する。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 29ヶ月
性別 女性 年齢 20代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら

上下顎前突症例 <口元を考慮した上下顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】前歯のガタガタと口元が出ているのを治したい。

【問題点】上下顎前歯唇側傾斜(前に出ている状態)/上下顎前歯部叢生(ガタガタがある)/口唇閉鎖不全(口が閉じにくい)/正中線のズレ

【治療計画】上下顎正中のズレと上下顎前歯の傾斜、口元のバランスを考慮し、上下顎両側第一小臼歯4本抜歯による矯正治療を選択。上下顎前歯の後方移動を通常より多く行うことで、前歯の傾斜を正常にして口元の前突感を解消する。大臼歯には加強固定を行い、前方への移動を抑えながら抜歯スペースを閉鎖する。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 24ヶ月
性別 男性 年齢 20代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら

上下顎前突症例 <骨格性非対称を伴う歯列に対する上下顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】左上の歯が内側にあり、口元が出ているのを治したい。

【問題点】下顎骨左方偏位(下顎が左に曲がっている)/上下顎前歯の前突(前に出ている状態)/上顎前歯部叢生(ガタガタがある)/口唇閉鎖不全(口が閉じにくい)

【治療計画】上下顎正中のズレと上下顎前歯の傾斜、口元のバランスを考慮し、上下顎両側第一小臼歯4本抜歯による矯正治療を選択。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 15ヶ月
性別 女性 年齢 30代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら

上下顎前突症例 <狭窄歯列に対して拡大装置を併用した非抜歯矯正治療>

【主訴】上の前歯の捻じれを治したい。下の前歯のガタガタが気になる。

【問題点】上下顎前歯の叢生(ガタガタ)/上顎狭窄歯列(歯列のアーチが狭く三角になっている状態)/上顎前歯唇側傾斜(上の前歯が前に出ている)/正中のズレ

【治療計画】上下顎歯列の拡大によって得られるスペース量と前歯の歯軸、叢生量を考慮し、固定式拡大装置(クワドヘリックス)を併用した非抜歯矯正治療を選択。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 16ヶ月
性別 男性 年齢 10代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら

上下顎前突症例 <矯正用インプラントを併用した上下顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】口元が出ているのが気になる。口が閉じにくい。

【問題点】上下顎前歯の前突(前に出ている状態)/口唇の突出

【治療計画】口元のバランスと上下顎前歯の傾斜を考慮し、矯正用インプラントを併用した上下顎両側第一小臼歯4本抜歯による矯正治療を選択。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 インプラント矯正治療 治療期間 22ヶ月
性別 女性 年齢 20代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら

上下顎前突症例 <上下顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】前歯のガタガタと口元が出ているのを治したい。

【問題点】上下顎前歯の前突(前に出ている状態)/上下顎前歯部叢生(ガタガタ)/口唇の突出(口元が出ている状態)/正中のズレ

【治療計画】口元のバランスと上下顎前歯の傾斜と叢生量(ガタガタの度合い)を考慮し、上下顎両側第一小臼歯4本抜歯矯正治療を選択。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 25ヶ月
性別 女性 年齢 10代

※当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。矯正治療のリスクや副作用について詳しくはこちら