過盖咬合症例 <欠損歯による上下正中のずれを併う過蓋咬合に対する抜歯矯正治療>

【主訴】過去に2本抜歯をされたため、上下の前歯の正中が大きくズレているので治したい。下の歯のガタガタも気になる。

【問題点】過盖咬合(ディープバイト)/上顎右側第1小臼歯および下顎左側第1小臼歯欠損(右上および右下の小臼歯が無い状態)/上顎正中の右方偏位(上の前歯の正中が右にズレている状態)/下顎正中の左方偏位(下の前歯の正中が左にズレている状態)/上下顎前歯部軽度叢生(ガタガタ)/右側大臼歯関係Ⅱ級(上の奥歯が下の奥歯より前に位置している状態)

【治療計画】過去に一般歯科医院にて叢生を改善するために上顎右側第1小臼歯および下顎左側第1小臼歯を抜歯していた。しかし、その影響により上下正中の大きなズレ(歯1.5本分のズレ)が認められる。また、左右の大臼歯関係も異なり、前歯部に中等度の叢生が認められる。上下前歯の歯軸は標準であるが、軽度過盖咬合(ディープバイト)が認められる。そのため、上下正中の改善および上下顎前歯の叢生量(ガタガタの度合い)と前歯の歯軸傾斜、大臼歯関係の改善を考慮し、上顎左側第1小臼歯および下顎右側第1小臼歯抜歯によって歯数を合わせ、正中の偏位を改善する矯正治療計画を選択。口元を考慮し前歯の位置は現状より唇側へ傾斜しないよう注意しながらバイトオープン(ディープバイトの改善)を行う。右側の大臼歯関係は上顎の遠心移動にて改善する。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 22ヶ月
性別 女性 年齢 30代