開咬症例 <遠方のため定期通院が困難な患者に対する非抜歯矯正治療>

【主訴】前歯にすき間があり、食べ物が咬みにくい。前歯の段差が気になる。

【問題点】前歯部開咬(オープンバイト)/上下顎前歯部軽度叢生(ガタガタ)/上顎歯列弓狭窄(上顎の歯列のアーチが狭くなっている状態)/上顎前歯翼状捻転(上の前歯がハの時に捻れている状態)

【治療計画】上下顎前歯の傾斜、叢生量(ガタガタの度合い)を考慮し、非抜歯矯正治療を選択。県外の進学校に通っており寮生活で定期的な通院や緊急時の来院が難しいため、通院回数が少なくトラブルの少ないインビザラインによるマウスピース矯正を選択。前歯部開咬(オープンバイト)は上顎前歯を挺出させることで改善する。上下顎前歯の叢生と歯列弓狭窄は歯列の拡大とIPR(歯と歯の間を削ってスペースを作る処置)にて改善する。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 13ヶ月
性別 女性 年齢 10代