空隙歯列症例 <下顎前歯のみの部分矯正治療>

【主訴】下の前歯のすき間を治したい。

【問題点】下顎前歯部空隙歯列(下の前歯に隙間がある)/切端咬合(下の前歯が外に傾斜している咬み合わせ)/下顎前歯部軽度叢生(ガタガタ)

【治療計画】下顎の前歯部に空隙が認められ、下顎前歯が唇側に傾斜しているため下顎前歯のみの部分矯正治療を選択。上顎の歯列は特に異常が認められないので、下顎のみマウスピース装置(インビザライン)を使用する。

治療方法 部分矯正治療 治療期間 3ヶ月
性別 女性 年齢 20代