叢生症例 <奥歯の骨が少ないため他院で治療困難と診断された部分矯正治療>

【主訴】上下前歯の歯並びを治したい。

【問題点】上下顎前歯部叢生(上下の前歯がガタガタ)/過蓋咬合(ディープバイト)/上顎前突 Angle Ⅱ 級(下顎が後退している状態)/臼歯部歯槽骨の菲薄(奥歯の骨が少ない状態)

【治療計画】かみ合わせが深く、上下顎前歯の叢生と下顎骨の後退が認められる。レントゲン写真において上顎洞底線が低く、大臼歯部の歯槽骨が少ないため他院では矯正治療困難とされた。これらを踏まえ、臼歯は動かさず前歯の叢生と過蓋咬合の改善のみに絞る治療プランを計画した。審美的な仕事への影響と治療計画を考慮し、マウスピース矯正(インビザライン)を選択。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 10ヶ月
性別 男性 年齢 30代