叢生症例 <八重歯を伴う叢生に対する抜歯矯正治療>

【主訴】他院で非抜歯のマウスピース矯正をしていたがこれ以上治せないと言われたので診てもらいたい。

【問題点】骨格性下顎骨前突(下の顎が大きい状態)/上顎右側犬歯低位唇側転位(八重歯)/下顎前歯叢生(ガタガタ)/上下顎前歯唇側傾斜(上下の前歯が前に出ている)/正中のズレ

【治療計画】叢生量(ガタガタの度合い)と上下顎前歯の傾斜、正中のズレを考慮し、上下顎両側第1小臼歯4本抜歯による抜歯矯正治療を選択。骨格的に下顎が大きいため上顎前歯はやや唇側への傾斜が強くなることを考慮する。上顎右側の犬歯低位唇側転位(八重歯)と下顎の叢生(ガタガタ)は、抜歯スペースを利用して解消する。上下顎歯列正中のズレは顎間ゴム(エラスティック)を併用して改善する。上顎前歯の形態が扇状で大きいため形態修正を行う。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 20ヶ月
性別 女性 年齢 20代