叢生症例 <八重歯と下顎大臼歯埋伏を伴う叢生に対する抜歯矯正治療>

【主訴】奥歯が出てこれてないのと前歯のデコボコが気になる。

【問題点】下顎両側第2大臼歯半埋伏(下の奥歯が半分歯茎に埋まっている状態)/上顎両側犬歯低位唇側転位(八重歯)/上下顎前歯叢生(ガタガタ)/上顎前歯唇側傾斜(上の前歯が前に出ている)/口唇の前突(口元が出ている)

【治療計画】下顎両側第2大臼歯が半埋伏しており、その後ろには第3大臼歯(親知らず)もレントゲン上では確認できる。叢生量(ガタガタの度合い)と上下顎前歯の傾斜、側貌のバランスを考慮し、上下顎両側第1小臼歯4本抜歯による抜歯矯正治療を選択。上顎右側の犬歯低位唇側転位(八重歯)と上下顎の叢生(ガタガタ)は、抜歯スペースを利用して解消する。下顎両側第2大臼歯の萌出スペースを確保するため、抜歯スペースの閉鎖方法を工夫し大臼歯の前方移動量を通常より多く行う。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 23ヶ月
性別 女性 年齢 10代