叢生症例 <ワイヤー装置とマウスピース装置を併用した上下顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】上下前歯のガタガタが気になる。

【問題点】上下顎重度叢生(ガタガタ)/大臼歯Class Ⅱ(上の歯が前に出ている状態)/ガミースマイル(歯茎がよく見える状態)/正中線のズレ

【治療計画】上下顎の叢生量(ガタガタの度合い)が重度のため、部分的にワイヤー装置を併用した上下顎第一小臼歯4本抜歯によるマウスピース矯正治療(インビザライン)を選択。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 30ヶ月
性別 女性 年齢 20代