交叉咬合症例 <顎矯正手術を併用した上顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】顎のズレと反対咬合が気になる。

【問題点】顔面非対称(顔が曲がっている状態)/左側交叉咬合(クロスバイト)/左側反対咬合(受け口)/上下顎前歯部叢生(ガタガタ)/正中線の重度のズレ

【治療計画】骨格的な前後左右のズレと上下顎の叢生量(ガタガタの度合い)、上下顎前歯の傾斜を考慮し、顎矯正手術を併用した上顎第一小臼歯2本抜歯による外科矯正治療を選択。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 外科矯正治療 治療期間 23ヶ月
性別 女性 年齢 30代