下顎前突症例 <顎間ゴムを併用したマウスピース装置による非抜歯矯正治療>

【主訴】前歯の受け口が気になる。

【問題点】軽度骨格性下顎前突(下顎が前に出ている状態)/前歯反対咬合(受け口)/咬合平面の傾斜(歯並びが曲がっている状態)

【治療計画】骨格のズレと上下顎前歯の反対咬合を考慮し、非抜歯による顎間ゴム(エラスティック)を併用したマウスピース矯正治療(インビザライン)を選択。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 20ヶ月
性別 女性 年齢 20代