上顎前突症例  <左右非対称のため上顎第一小臼歯1本のみの抜歯矯正治療>

【主訴】上下の真ん中がズレている。出っ歯を治したい。

【問題点】軽度骨格性下顎後退(下顎が小さい、後ろに下がっている状態)/上顎正中の左方偏位(上の前歯の正中が右にズレている状態)/上下顎前歯の前突(上下の前歯が唇側に傾斜している状態)/上下顎前歯部軽度叢生(ガタガタ)/口唇閉鎖不全(口が閉じにくい)

【治療計画】上下正中のズレを伴う下顎後退による上顎前突であり、上顎正中が右に偏位しているため上顎左側第一小臼歯1本抜歯による矯正治療を選択。抜歯したスペースを上顎前歯の後方移動と左方移動に利用する。それにより前歯の傾斜を正常にして口元の前突感を解消する。前歯の移動量が多いため、臼歯の前方への移動を抑えながら抜歯スペースを閉鎖する。下顎にはIPR(ディスキング・歯と歯の間を削り隙間を作る処置)を行い、上下顎正中のズレと下顎前歯の傾斜も同時に改善する。

 

*当院では矯正治療を行う全ての患者様に対して矯正精密検査を行い治療方針を決定致します。そのため治療計画、治療結果及び治療期間については患者様や歯並びの状況により異なります。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 22ヶ月
性別 女性 年齢 20代