上下顎前突症例 <狭窄歯列に対して拡大装置を併用した非抜歯矯正治療>

【主訴】上の前歯の捻じれを治したい。下の前歯のガタガタが気になる。

【問題点】上下顎前歯の叢生(ガタガタ)/上顎狭窄歯列(歯列のアーチが狭く三角になっている状態)/上顎前歯唇側傾斜(上の前歯が前に出ている)/正中のズレ

【治療計画】上下顎歯列の拡大によって得られるスペース量と前歯の歯軸、叢生量を考慮し、固定式拡大装置(クワドヘリックス)を併用した非抜歯矯正治療を選択。

治療方法 非抜歯矯正治療 治療期間 16ヶ月
性別 男性 年齢 10代