上下顎前突症例 <口元を後退させた上下顎第一小臼歯抜歯矯正治療>

【主訴】口元が出ているのが気になる。

【問題点】上顎前歯唇側傾斜(前に出ている状態)/上顎側切歯舌側転位(2番目の前歯が内側に入っている)/口唇閉鎖不全(口が閉じにくい)/正中線のズレ

【治療計画】口元の前突感が1番の主訴であったため、口元のバランスを考慮し上下顎両側第一小臼歯4本抜歯による矯正治療を選択。抜歯したスペースを利用し、上下顎前歯の後方移動を通常より多く行うことで前歯の傾斜を正常にして口元の前突感を解消する。そのためにも大臼歯には加強固定を行い、前方への移動を抑えながら抜歯スペースを閉鎖する。上下顎正中のズレと上下顎前歯の傾斜も同時に改善する。

治療方法 抜歯矯正治療 治療期間 29ヶ月
性別 女性 年齢 20代